スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アジサイの葉を食べて食中毒

アジサイの葉を食べて中毒症状を起こすケースが相次いでいる。という記事が、朝日新聞に記載されていた。
詳細こちら

以下引用
―――――――――――――――
 アジサイの葉を食べて中毒症状を起こすケースが相次いでいる。13日には茨城県つくば市で発生、30日には大阪市が市内の居酒屋で食中毒があったことを発表し、注意を呼びかけている。
 大阪市によると、都島区の男性会社員(25)が26日、北区の居酒屋でだし巻き卵の下に敷かれていたアジサイの葉1枚を食べ、40分後に嘔吐(おうと)。シアン化水素(青酸)中毒の症状を引き起こした。現在は快方に向かっているという。
 この居酒屋はアジサイの葉が有毒との認識はなく、6月に入って従業員が季節感を出すために、自宅近くで摘んだ葉を刺し身のつまなどに使っていた。市は居酒屋を30日の1日間の営業停止にした。
 6月13日には茨城県つくば市の飲食店で、料理の添え物に出されたアジサイの葉を食べた8人が吐き気やめまいなどを訴えた。
 以下省略 
―――――――――――――――
引用終わり

原因は、アジサイの葉や根に含まれる青酸配合体(アミクダリン)と呼ばれる成分によるもの。青酸配合体は、体内の酵素と反応して有害な青酸が生成され、嘔吐やめまいなどの中毒症状を引き起こし、重篤の場合は死に至る可能性があるという。
化学反応式こちら
青酸配合体は、ウメ、モモ、アンズなどの種子にアミグダリンという未熟な実にも含まれており、共存する酵素で分解されてベンズアルデヒドとともにシアン化水素を発生します。

私は、シアンの分析に携わっていたことがあるので、ウメやモモ、アンズなどに青酸配合体が含まれているということは、なんとなく記憶にあったのですが、アジサイにも含まれていることは知りませんでした。
アジサイの葉に、どの程度のシアン成分濃度が含まれているのかわかりませんが、青酸配合体が含まれているものを摂取するというのは考えたら恐ろしいものです。シアン化水素は、致死性の毒物ですから。
致死量についてはいろいろな見解があるのですが、私は体重60Kgの人間でシアン50mgを摂取すると死に至ると覚えています。
今回のケースでは、料理店の敷地内に生育するアジサイの若葉で,一皿に2枚添えられていたそうです。若葉2枚程度でも食中毒を起こすことが今回の事例で明らかになりましたので、ほんと注意する必要がありますね。

6月から7月にかけてちょうど今の季節、一番見ごろのアジサイ(紫陽花)。
昔に比べるとずい分いろんな種類が増えたましたよね。
ちなみに「アジサイ」の語源は、一説によると「青い花が集まっている」ので、集めるの意の「あづ」に青の意の「さ藍」で「アヅサアイ」から「アジサイ」となったといわれています。

それはさておき、食中毒にあわれた方々には、一刻も早い回復をお祈り申し上げます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Water

Author:Water
Waterといいます。
環境測定、主に水質調査分析に携わってました。
2008年の春、不景気の荒波に飲み込まれ会社が倒産。
一度は業界から去ろうと考えたものの、転職、奮起再起し、現在は燃料電池の部材分析・評価に携わってます。
将来、国境を越えた技術コンサルタントを目指してます。
まずは、技術士(環境部門-環境測定)を目指して、古今奮闘中!!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。