スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青技懇6月例会

昨日は、青技懇6月例会がありました。
20名強の参加者がお集まりいただき、例会、質疑応答、懇親会と大いに盛り上がりました。
技術士(環境部門-環境測定)の方のご講演により、「敷地境界線」という独特な境界線から見た環境測定について、事例を交えてお話ししていただきました。
個人的には、具体的に敷地境界線がどこにあるのか、よくわかり勉強になりました。
男の目を引く女性の写真!これも良かったです。
この写真のどこに敷地境界線があるのか、質問したくてしょうがありませんでしたが、ぐっとこらえていました(笑)

またこの講演の中で、現場測定中には不審者に間違われたりさまざまなトラブルに遭遇したりとおっしゃっていましたが、まさにその通りだと思いました。私自身もあることを思い出しました。

環境測定の仕事に携わって、この方一度だけ騒音振動の現場調査に駆り出されたことがあります。
まだこの業界に転職して1か月も経たないくらいの駆け出しの頃です。
とある球場の近くの大きな幹線道路で24時間の騒音振動を測定していました。
先輩に付いて時間が来たら、これこれしかじかのスイッチを押し、記入するようにと聞いて、指示どおりにただこなすだけで精一杯でした。
先輩からもう大丈夫だろうと途中から一人で任され、さあ測定しようと思った矢先の出来事です。
測定場所のすぐそばで、いきなり高校生の球児が集団で掛け声とともにバットをブンブン振る練習が始まりました。
「やや、なんだこりゃ、いかんいかん」と思い、慌ててコーチとキャプテンに事情を説明し、測定中の間だけは練習を控えてもらうように頼みに行ったことを思い出しました。
その後、あまり会社自体が騒音振動調査の仕事を受けなくなったので、過去、一度だけの騒音振動調査の貴重な経験談です。
現場はトラブルも多く大変ですが、それなりに面白い経験談もよく聞きますね。

そんなことを思い出しながらの青技懇聴講でした。
ほんと味のある講師さんでした。
またいつか、測るシリーズ第5弾を聞きたいですね。

スポンサーサイト

コメント

No title

先日は青技懇にお邪魔させていただきまして有難うございました。
そして、再就職おめでとうございます。waterさんがこの業界に戻ってきて頂けたこと、本当に嬉しく思っております。
去年は実現しませんでしたが、今年こそ試験が終わったらご飯でも食べながらゆっくりお話しさせていただきたいと思っておりますので宜しくお願いします!

今年こそ

この業界自身、これからも厳しくなるだろうということはわかっていますが、残ることにしました。
まだやってみたいこともあるし、あきちゃんさんとこの業界を盛り上げてもいきたいとも思っています。
これからもお世話になると思いますが、よろしくです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Water

Author:Water
Waterといいます。
環境測定、主に水質調査分析に携わってました。
2008年の春、不景気の荒波に飲み込まれ会社が倒産。
一度は業界から去ろうと考えたものの、転職、奮起再起し、現在は燃料電池の部材分析・評価に携わってます。
将来、国境を越えた技術コンサルタントを目指してます。
まずは、技術士(環境部門-環境測定)を目指して、古今奮闘中!!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。