スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年も潮干狩りは?!

年も潮干狩りのシーズンになってきました。
4年ほど前に、はじめて子供達を潮干狩りに連れて行き、子供と一緒に潮干狩りを楽しんだ。あ~懐かしい。当時、子供達はまだ小さかったので、どちらかというと自分一人で張り切って貝を探していました(笑)
そんな子供たちも今は自分自身で貝を獲れる年頃になったので、今年は行こうかなと考えていたところです。
けれども今年も近畿圏内では、貝毒が検出された場所があると聞きました。
特に近畿屈指の潮干狩り場で、「アレキサンドリウム・タマレンセ」という麻痺性貝毒が検出されたそうです。
記事はこちら。

貝毒とは、貝が毒素を持った植物プランクトンを食べ、体内に蓄積するために起きる。理由は定かでないが、ある方は、近年、工場排水の規制強化や下水道整備に取り組み、低栄養状態になったことで競合相手のケイ藻類が休眠状態に陥りやすくなり、低栄養で増殖できる有毒プランクトンが発生したと推論している。

これは困った、どうしたもんだ。
海の水がきれいになると毒を持ったプランクトンが増えるって。
そのせいで潮干狩りができなくなるって?
よくわかりませんが、どうやら毒をもった植物プランクトンが増えることによって貝毒も増えるようですね。

貝毒が見つかった潮干狩り場でも潮干狩りはできるそうですが、獲った貝は持ち帰ることができない。その代りに、お持ち帰り用の貝を別に頂けるらしいが、なんだか味気ないな~。
貝毒が検出された潮干狩り場はごく少数ですが、他の場所は大丈夫かな。ちょっと心配かな。

貝を獲るだけに絞って楽しめばよいのだが、あさりの茶わん蒸し、シジミのお汁、ハマグリのバター焼き、と食べるほうの想像がどうしても膨らむ。

さあ、どうするよ。

潮干狩り行く方のためにサイトを紹介しておきます。
●史上最強の潮干狩り超人
●海上保安庁提供 潮干狩り情報 2008年
●全国潮干狩りスポット2008:るるぶ.com

いろいろなサイトを見れば見るほど行きたくなってきたな。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Water

Author:Water
Waterといいます。
環境測定、主に水質調査分析に携わってました。
2008年の春、不景気の荒波に飲み込まれ会社が倒産。
一度は業界から去ろうと考えたものの、転職、奮起再起し、現在は燃料電池の部材分析・評価に携わってます。
将来、国境を越えた技術コンサルタントを目指してます。
まずは、技術士(環境部門-環境測定)を目指して、古今奮闘中!!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。