スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グリーンウイーク

毎日jp(2月15日)にこんな記事が載っていました。
『CO2削減:「GWはグリーンウイークに」小池氏が提案』

以下引用--------------------

ゴールデンウイーク(GW)はグリーンウイークに--。小池百合子元環境相は15日記者会見し、4月29日~5月6日の連休中は、二酸化炭素(CO2)をなるべく出さずに過ごそうというキャンペーンを始めると発表した。

 日本が京都議定書で約束したCO2削減を達成するには、家庭からの大幅削減が不可欠。小池さんは「365日のうち3割が休日。休日の過ごし方を変えることで日本は変えられる」と訴えた。

 旅行やイベントに出かける際に公共交通機関を使うことや、省エネ商品の購入を呼びかける。また国連が認定した温室効果ガス削減プロジェクトから得た排出権の購入で自身が排出したCO2を相殺する「カーボンオフセット」を呼びかける。東京タワーをグリーンでライトアップし、その電力をオフセットすることも計画中だ。

 キャンペーンは実行委員会形式で実施。小池さんが呼びかけ人代表となり、共同代表には日本カーボンオフセット代表理事の末吉竹二郎さんが名を連ねている。

引用おわり--------------------

今年、京都議定書の約束期間がスタートし、あの手この手で達成に向けてキャンペーンを考えていますね。
小池元環境相は、「楽しく低炭素社会を実現する機会にしたい。・・・」と述べています。
京都議定書の達成のためということはともかく、温暖化に対する国民の意識を高める、という点では良いことではないでしょうか。
温暖化になるから、アレしちゃだめコレしちゃだめという制約ばかりでは、低炭素社会の実現は難しいと思います。世界の地域によっては、そうも言っていられない事態になりつつありますが。
第三次環境基本計画では、低炭素社会の実現に向けて、環境と経済と社会の統合した観点から取り組むことが重要である。と述べられていますが、私は、さらに愉しみながら取り組める環境をつくれたら、もっと取り組みやすくなるだろうし、目標達成もしやすくなるだろうと思っています。

最近、エコとインテリア、エコとオシャレ、エコとアートなど、エコと何かを融合したものが多いですよね。中には、ただ単にブームに乗ったイマイチなものも多いようにも思いますが・・・。背景は別として、そのものの考え方は、環境に対する意識と行動を高めていくためには大切ではないでしょうか。
古くなった衣服やズボンで、カバンを作って使う。
割り箸を極力使わず、オシャレなマイお箸を持ち歩く。
などなど、環境保全を取り入れながら、意識を高め実践していく。
より現実的でないでしょうか。

『グリーンウイーク』
良いきっかけづくりから、長期的なビジョンとして、徐々に根付いていって欲しいものです。
自分自身も、できることはやっていこうと思っています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Water

Author:Water
Waterといいます。
環境測定、主に水質調査分析に携わってました。
2008年の春、不景気の荒波に飲み込まれ会社が倒産。
一度は業界から去ろうと考えたものの、転職、奮起再起し、現在は燃料電池の部材分析・評価に携わってます。
将来、国境を越えた技術コンサルタントを目指してます。
まずは、技術士(環境部門-環境測定)を目指して、古今奮闘中!!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。