スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オニバス

「オニバス」ってご存知でしょうか?
名前を聞いただけでは、まったく想像がつかないと思います。
動物? 魚? 植物? 乗り物?

実は、オニバス(鬼蓮)とはスイレン科の一年生の水生植物でした。
その1。
その2。


onibasu01


このオニバスは、国のレッドデータブックで絶滅危惧Ⅱ類に指定されている。
つまり、絶滅危惧種なのである。

どちらかというと、トゲトゲや大きな葉を理由に、昔は農家や住民にとって嫌われていたみたい。
池沼の開発、水質の悪化、土地造成、人的排除等の理由で、徐々に減少してきたようだ。

数年前から、生物多様性の保全として、オニバスを守ろうという動きが全国で見られてきた。
兵庫県明石市でもオニバスの復活を願い、オニバスプロジェクトが始まったそうな。
2007.9.15朝日新聞こちら。
オニバスの種を採取し、自宅で育ててから池に戻す計画だ。

ところで、オニバスって絶滅危惧種だったとは。
えっ!!知らなかった。
新聞を見てはじめて知った。
このオニバスは、わが家の近所の公園の池で、子供達と一緒にいつも何気なく見ていたよ。
景観はいまいちかな、って印象をもっていた。
なるほど、池の公園で増やそうとしている意味がよくわかった。

よし、今一度、地元の環境保護活動に貢献してみようかな。
兵庫県は、ため池が全国で最も多く、我が家の周りにもため池がごろごろしていて、私も小さい頃は、ため池で魚釣りなどをしてよく遊んだし。
浅瀬の池に、はまったこともある。

絶滅危惧種と聞くと、なんだか見方が変わるもんだな。(笑)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Water

Author:Water
Waterといいます。
環境測定、主に水質調査分析に携わってました。
2008年の春、不景気の荒波に飲み込まれ会社が倒産。
一度は業界から去ろうと考えたものの、転職、奮起再起し、現在は燃料電池の部材分析・評価に携わってます。
将来、国境を越えた技術コンサルタントを目指してます。
まずは、技術士(環境部門-環境測定)を目指して、古今奮闘中!!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。