スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年6月 青技懇例会

昨晩は青技懇6月例会に参加してきた。
講演者:S 技術士(建設部門-建設環境)
講演内容:「希少両生類の保護及び繁殖」と「技術士第二次試験受験体験記」

S技術士は動植物を中心とした生き物の生態系調査を本職としている。
わりと珍しい職種である。
ご本人がおっしゃるように、建設部門でありながらもほとんど環境系の職務である。

講演内容は、仕事の紹介から、本題の体験論文のテーマ内容へと移り、最後に二次試験の体験記という、すべてに繋がりのある内容であった。
受験者の私にとっては、普段の仕事から試験までを連想する意味で非常に参考になった。

本題の一部で少々驚いた点がある。
それは、希少両生類(カエル)の自然繁殖や人工繁殖を試みて保護するというもの。
実際、そのようなことをしている人をあまりまじかで出会ったことが無かったので。
環境保護という視点で、繁殖を仕事としてやっていることに少々驚いた。
守秘義務もあるようなので、あまり詳細には触れませんが。

それにしても、我々環境測定に携わる技術者は、化学的な視点から環境調査はやっているけど、環境保護はほとんどやっていないな、と思ったところである。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Water

Author:Water
Waterといいます。
環境測定、主に水質調査分析に携わってました。
2008年の春、不景気の荒波に飲み込まれ会社が倒産。
一度は業界から去ろうと考えたものの、転職、奮起再起し、現在は燃料電池の部材分析・評価に携わってます。
将来、国境を越えた技術コンサルタントを目指してます。
まずは、技術士(環境部門-環境測定)を目指して、古今奮闘中!!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。