スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロジェクトWET ジャパン

5月2日と3日にプロジェクトWETエデュケーター講習会と体験会に参加してきた。

プロジェクトWETとは、水や水資源に対する認識・知識・理解を深め責任感を促すことを目標として開発された「水」に関する教育プログラム。(HPから引用)

子供から大人までその対象に併せて、水についての科学的性質や特徴、水の大切さ、生命との関わり、社会や文化との関わりなどについて、様々なアクティビティから学んでもらおうというもの。
そのもとは、財団法人河川環境管理財団が、河川や水についてより深く簡単に知ってもらうために、アメリカのProject WETから使用権を得て普及促進に努めるためにスタートした。

以前から興味があり、参加してみたいと思っていたプログラムである。
これまで、日時と場所がなかなか合わなくて参加を逃していた。
今回、7月に近畿青年技術士懇談会の関連で、子供達に水に関しての環境教育的なイベントをすることになっている。
そしてプロジェクトWET講習会の日時がピッタリ合い、おもわず「これは!」と思い、参加した。

結論から述べると、講習会と体験会に参加して良かった。
というのも、プロジェクトWETでは様々なネタというかツールとなるアクティビティが90ほどもあり、そのアクティビティを利用して教えることが出来るからだ。
まったく一から個人でネタを考えて、水の知識や環境教育をすることを思えば、ずいぶんやり易くなった。
このアクティビティを軸に、自分の立場やオリジナルを加えることができればと考えている。

講習会では、そのいくつかを教えてもらい、実践想定の練習もおこなった。
体験会の国立民族学博物館で行われた子供向けのイベントでは、ファシリテーターの補助的な役割で参加し、アクティビティの進行や子供たちの接し方を間近で学ぶことが出来た。
アクティビティの内容は、またどこかで皆さんにもお伝えできればと考えている。

p-wet01
国立民族学博物館 水の器展関連イベント会場


この2日間、講師のくじらさんをはじめ、プロジェクトWETの方々には大変お世話になった。
これを機に、プロジェクトWETを活用し、自分なりに活動できればと考えている。
これからもよろしくお願いします。

Water
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Water

Author:Water
Waterといいます。
環境測定、主に水質調査分析に携わってました。
2008年の春、不景気の荒波に飲み込まれ会社が倒産。
一度は業界から去ろうと考えたものの、転職、奮起再起し、現在は燃料電池の部材分析・評価に携わってます。
将来、国境を越えた技術コンサルタントを目指してます。
まずは、技術士(環境部門-環境測定)を目指して、古今奮闘中!!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。