スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J1ヴィッセル神戸 ホームスタジアムで床発電

ようやく今年もJリーグが開幕した。
ヴィッセル神戸ではサポーターの熱い応援を電気に変える実証実験「エコプロジェクト」を試みたらしい。

J1神戸、床発電を試験運用 観客の応援をエネルギーに
47NEWS 2010/03/07 18:24 【共同通信】より引用

――――――以下引用
 サッカーJリーグ1部(J1)のヴィッセル神戸は7日、神戸市にある本拠地のホームズスタジアム神戸で行われた京都サンガとの今季初戦で、観客席に「床発電システム」を設置し、試験運用を始めた。跳びはねて応援するサポーターが起こす振動を発電のエネルギーとして利用する「エコ」な取り組みで、Jリーグでは初の試みという。
 JR東日本の子会社が乗降客が起こす振動を電気に転換する研究を進めており、技術提供を受けた。振動や変形を加えると電圧を発生する「圧電素子」を組み込んだパネルをゴール裏の12席の床に設置。将来的には場内の売店などの電力に利用する考えだそうだ。
 神戸が2ゴールを挙げた場面では飛躍的に発電量が上がった。実験に参加した○○さんは「ふらふらだ。いつもより激しく跳びはねてしまった」と疲労困憊の様子。
――――――引用ここまで

補足説明
神戸側ゴール裏の12席で、サポーターの足元にそれぞれ40センチ四方の発電シートを設置。試合中、跳ねるなどの熱烈な応援で生じた電気を蓄積。


結果、1試合(約2時間)で発電量は、10000ワット秒(Ws)ほど。
100ワット(W)電球を約1分半点灯させるだけの電力に相当だ。
どれほどのカロリー消費なのかはわかりませんが、疲労の度合いからしても、エネルギー効率は悪そうですね。ただ、エネルギーの再利用として考えたらおもしろい試みなのかな。
導入費用がいくらかかるのか気になるところだが。


ところで、試合の結果は、新加入のポポが2得点を挙げ、神戸が2-0で勝利したそうな。
この調子でヴィッセル神戸がんばれ!
ヴィッセルびいきである(^_^;
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Water

Author:Water
Waterといいます。
環境測定、主に水質調査分析に携わってました。
2008年の春、不景気の荒波に飲み込まれ会社が倒産。
一度は業界から去ろうと考えたものの、転職、奮起再起し、現在は燃料電池の部材分析・評価に携わってます。
将来、国境を越えた技術コンサルタントを目指してます。
まずは、技術士(環境部門-環境測定)を目指して、古今奮闘中!!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。