スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年2月 青技懇例会

昨日は青技懇2月例会に参加してきた。

講師:T氏 技術士(電気・電子)青技懇元幹事
演題:「タンパク質構造の計算機シミュレーションとグリッドコンピューティング」
内容は、主に以下の3点である。
1.タンパク質構造の計算機シミュレーション
2.スーパーコンピュータについて
3.Folding@Homeについて

といっても、例会にはほとんど間に合いませんでした。
Tさん、スミマセン。
そのぶん、懇親会で大筋を聞き、あとは自主的にまとめてみました。

■グリッドコンピューティング
グリッドコンピューティングとは、ネットワークを介して複数のコンピュータを結ぶことで仮想的に高性能コンピュータをつくり、利用者はそこから必要なだけ処理能力や記憶容量を取り出して使うシステム。
グリッドコンピューティングでは複数のコンピュータに並列処理を行わせることで、一台一台の性能は低くとも高速に大量の処理を実行できるようになる。一箇所の計算センターや、一組のスーパーコンピュータでは足りないほどの大規模な計算処理や大量のデータを保存・利用するための手段として開発され、ビジネス利用や学術研究など、多くの可能性が模索され、実現に向けてさまざまな試みが行なわれている。
distributed.netやSETI@homeなど、インターネットを通じて家庭のパソコンの空いているCPUパワーを集め、暗号解読や医療研究などの複雑な処理を行わせる分散コンピューティングプロジェクトは既にいくつかあるが、グリッドコンピューティングはこうした技術を含む、より包括的な概念といえる。

■Folding@Home
Folding@Homeとは、米スタンフォード大学が中心となって進めている世界規模の分散コンピューティングプロジェクト。
2000年10月のスタートから全世界で100万個以上のCPUが参加している。
インターネットに接続されているパソコンの余剰パワーを活用して、タンパク質の折りたたみを解析し、アルツハイマー病、狂牛病(BSE)、パーキンソン病、癌などの疾病治療に役立てることを目的としている。
このプロジェクトに参加したい人は、同プロジェクトのWebサイトからソフトウェアをダウンロードしてパソコンなどで実行するだけでよい。
ソニーの家庭用ゲーム機プレイステーション3(PS3)でFolding@Homeに参加できる機能を公開し、多くのユーザが参加して話題となった。
参考:IT用語辞典e-Wordsより


今年度最後の青技懇3月例会では、ミニ講演を予定しています。
詳細はこちらで随時更新しています。
技術士一次試験合格者も何名か来られる予定だそうなので、よかったら皆さんご参加くださいませ。

Water
スポンサーサイト

コメント

リボゾームタンパク質NT-9のシュミレーション動画

演者のT氏より
Folding@homeの成果の1つ
リボゾームタンパク質NT-9のシュミレーション動画を教えていただきました。
約5ミリ秒のフォールディングの過程をシミュレーション動画にしたものだそうです。
http://folding.stanford.edu/English/Papers#ntoc1
補足しておきます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Water

Author:Water
Waterといいます。
環境測定、主に水質調査分析に携わってました。
2008年の春、不景気の荒波に飲み込まれ会社が倒産。
一度は業界から去ろうと考えたものの、転職、奮起再起し、現在は燃料電池の部材分析・評価に携わってます。
将来、国境を越えた技術コンサルタントを目指してます。
まずは、技術士(環境部門-環境測定)を目指して、古今奮闘中!!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。