スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

21年度受験票届く

平成21年度技術士二次試験の受験票が本日届きました。(2009年7月8日)
会場は一昨年も昨年も同じところ。
なので、今さら道に迷うことはないだろう(笑)

それから、技術的体験論文の提出要領も昨年同様、送られて来ました。
技術的体験論文の提出要領はこちら。
技術的体験論文(総合技術監理部門以外の技術部門)の課題は、これまでと全く同じでした。
今年も一応、総監以外の技術部門だけ載せておきます。

【平成21年度 技術的体験論文 課題】
(総合技術監理部門以外の技術部門)
あなたが受験申込書に記入した「専門とする事項」について、実際に行った業務のうち、受験した技術部門の技術士にふさわしいと思われるものを2例挙げ、それぞれについてその概要を記述せよ。さらに、そのうちから1例を選び、以下の事項について記述せよ。
(1)あなたの立場と役割
(2)業務を進める上での課題及び問題点
(3)あなたが行った技術的提案
(4)技術的成果
(5)現時点での技術的評価及び今後の展望


昨年まで温めていた技術的体験論文の内容はもう古くなりつつあるので、今年はどうしようか悩みどころです。
ネタはそのままで、現時点からもう一度見直すか、また新しいネタを一から作るか、というところになろうか。

これから試験までは、とりあえず専門科目の知識をある程度詰め込みながら、専門・一般とも手書論文で慣らしていきたいと思います。
スポンサーサイト

コメント

No title

別に、技術体験論文はあのままでいいと思うで。

10年以上も経っているならまだしも。
そこまで経っていないなら十分でしょうね。

No title

そう言ってくださると心強いです。

そしたら、体験論文はひとまずおいて、筆記試験の専門問題予想をあたってみたいと思います。
これが結構、難しいのですが。。。

一般論文については、それほど大きく変わらないだろうと予想しています。
一体今年はどうなるのでしょうかね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Water

Author:Water
Waterといいます。
環境測定、主に水質調査分析に携わってました。
2008年の春、不景気の荒波に飲み込まれ会社が倒産。
一度は業界から去ろうと考えたものの、転職、奮起再起し、現在は燃料電池の部材分析・評価に携わってます。
将来、国境を越えた技術コンサルタントを目指してます。
まずは、技術士(環境部門-環境測定)を目指して、古今奮闘中!!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。