スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年4月青技懇例会

青技懇の4月例会に参加してきた。
例会内容は、年度初めの恒例の総会とミニ講演。

総会では、昨年度の活動報告と今年度の活動予定であった。
また、今年度の運営体制として、代表、副代表、事務局、会計には変更がなく、変わったところとしては、新たに事務局補佐1名と月幹事4名が加わり、合計8名の月幹事で運営することとなった。
昨年度から会員数、例会参加者数が少し増えてきたこと、今年度もう少し参加者人数が増えてきた場合を想定し、幹事の人数を増やした。おそらくこれで今年度は何とか乗り切れそうである。
私は事務局から引き続き幹事をお願いされ、2期目(3年目)に突入することとなった。まだいくつかやってみたいこともあったので、それはそれで光栄である。さらなる青技懇の発展に、尽力していきたい。

ミニ講演は、事務局Aさん(のほほんさん)のご講演であった。
最近話題になっている化審法の改正についての話題とREACH、RoHS、中国RoHSなどの海外物質規制。また国内メーカの物質管理基準とその管理の方法についてのご講演であった。
言わずもがなであるが、すばらしい講演であった。
国内外における化学物質を取り巻く法や規制について、独特の切り口で包括的にまとめられた内容だった。おかげで個々に付け焼刃的な知識しかなかったところ、ずいぶん頭の整理になった。また、今後の化学物質の管理動向について、合点のいくことが多かった。

懇親会は、16名ほどの参加で、相変わらずあっという間に終わってしまった。
いつもできるだけ初参加の方とは会話をするように意識しているが、今日だけは初参加者が多く、全員と会話が出来ずに終わってしまった。非常に残念である。

また、今日は支部の上方と話す貴重な機会があった。
今年JABEE取得者から技術士に合格した人が初めてでたと聞いた。しかも合格者は全国でたった一人だけであったそうだ。今後はそういった若い技術士がもっと増えてくるだろうと言っていた。
人は人、自分は自分なのではあるが、自身も早く合格したいと思ったのである。
その他、技術士の認知度をもっと向上させたい、海外の技術者資格との整合性を図りたいなどとおっしゃっていた。
あまり聞くことのない支部の考えや方向性について、生で聞くことができ有意義な一日であった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Water

Author:Water
Waterといいます。
環境測定、主に水質調査分析に携わってました。
2008年の春、不景気の荒波に飲み込まれ会社が倒産。
一度は業界から去ろうと考えたものの、転職、奮起再起し、現在は燃料電池の部材分析・評価に携わってます。
将来、国境を越えた技術コンサルタントを目指してます。
まずは、技術士(環境部門-環境測定)を目指して、古今奮闘中!!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。