スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウォーターボール

『ウォーターボール』をご存じだろうか?

直径2.5mくらいの透明なビーチボール球体で、この中に人間が入り水上に浮かばせて歩行したり遊んだりする水上遊具である。
もともとイタリアで開発され、日本ではNPO法人日本ウォーターウォーク協会が普及促進に努めている。
国内では、「水上バルーン」「ウォーターバルーン」「アクアボール」「かっぱボール」「コロンコロンぼぉ~る」「水上歩行ボール」など、いろいろな名称で何かしらのイベントで用いられているようである。

先日、子供と一緒に体験してきた。
といっても、あまりにもの参加者が大勢で、子供のみしか出来なかった。

その時の様子が、こちら。
w-ball01
ボールに巨大なホースで空気を入れて膨らませている。


w-ball02
人間が出入りする箇所を厳重に閉じてチェックしたら、いざ、水辺へ。


w-ball03
ボールの中でバランス感覚を保ちながら立つのは、結構むつかしいみたい。
水上を歩行するとなると、さらに至難の業のようだ。


w-ball04
歩行というよりむしろ、こけながら遊んでいる。
そして、ようやくコツをつかみだした頃に終了。

子供達が楽しむにはめっぽう良いかもしれません。
おもしろかったと、どこの子供達も言っていた。

大人の視点ではボールの中に水が入ったり、途中で空気がしぼんだりしないのか、若干気になりましたが、見ている間では大丈夫そうでした。
子供の服は全く濡れている気配はなかったし、空気も漏れている様子はなかった。
人間が出入りする部分は、かなり強力なマジックテープみたいもので閉じられ、何重か重なってなっているようでした。

みなさんも、機会があれば体験してみてください。
今度は、自分も体験してみよう。
スポンサーサイト
プロフィール

Water

Author:Water
Waterといいます。
環境測定、主に水質調査分析に携わってました。
2008年の春、不景気の荒波に飲み込まれ会社が倒産。
一度は業界から去ろうと考えたものの、転職、奮起再起し、現在は燃料電池の部材分析・評価に携わってます。
将来、国境を越えた技術コンサルタントを目指してます。
まずは、技術士(環境部門-環境測定)を目指して、古今奮闘中!!

カレンダー
04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。