スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エコドライブ

昨日、社内職場でQC活動発表会があった。
我が環境調査グループでの取り組みは、エコドライブ。
環境ならではということで、少々ベタかなと思いつつも、皆で選んだテーマであった。
それはさておき、案外?!効果があったので、お知らせします。

◆エコドライブの取り組み手順◆
1. エコドライブ講習会
最寄りの自治体の方に職場に来てもらいエコドライブ講習会を開催し、エコドライブの具体的方法やメリットなどを聞く。参加できなかった人には後日DVDを視聴してもらう。

2. エコドライブの実践
具体的実践内容は、こちら。エコドライブ10のススメ

以下引用------------------------

① ふんわりアクセル『eスタート』
 やさしい発進を心がけましょう。
② 加減速の少ない運転
 車間距離は余裕をもって、交通状況に応じた安全な定速走行に努めましょう。
③ 早めのアクセルオフ
 エンジンブレーキを積極的に使いましょう。
④ エアコンの使用を控えめに
 車内を冷やし過ぎないようにしましょう。
⑤ アイドリングストップ
 無用なアイドリングをやめましょう。
⑥ 暖機運転は適切に
 エンジンをかけたらすぐ出発しましょう。
⑦ 道路交通情報の活用
 出かける前に計画・準備をして、渋滞や道路障害等の情報をチェックしましょう。
⑧ タイヤの空気圧をこまめにチェック
 タイヤの空気圧を適正に保つなど、確実な点検・整備を実施しましょう。
⑨ 不要な荷物は積まずに走行
 不要な荷物を積まないようにしましょう。
⑩ 駐車場所に注意
 渋滞などをまねくことから、違法駐車はやめましょう。

ここまで------------------------

この中から、①②③あたりを重点的に実施した。
さらに、自治体の方に借りたリアルタイムに表示される燃費計測器を車内のメーター横に取り付けた。
社用車後方にエコドライブステッカーを貼り付け、意識を高めるなどを行った。


3. 効果確認
詳細は省くが、社用車全4台について、平均約11%の燃費削減ができた。
金額にして、年間5万円ほどの削減見込。(2ヶ月間のデータなので)
この金額は生ビール中ジョッキにして100杯分くらいかな(笑)

4. 問題点と今後の課題
実際意識して行うと効果が出るものだと実感したが、今までの運転癖が残っているので、意識しないとすぐ元に戻ってしまう。
定期的なミーティング等を開催して、意識づけをする必要がある。

さて、我がグループの成績はどうだったのだろう?
結果発表は、数週間後。
スポンサーサイト

大環協ソフトボール大会

昨日10月25日(土)は、同業者が集う大環協のソフトボール大会に参加してきました。
ひょっとしたら、10年前に前会社で大環境のソフトボールに参加して以来?!
かな、久々のソフトボールでした。

7番ファーストで2試合に出場。
チームの結果は、1勝1敗で決勝トーナメントには出場できませんでしたが、個人的な成績は6打数3安打。
今回、この日のために昼休みにほんの少しだけ練習したからでしょうか、自分自身、守備もそれなりに役割を果たせたので、個人的には満足のいく出来でした。
なにより、一日を通じて職場の方達と親睦が深まったことがうれしかった。
まだまだ顔見知りのない方も多いので、少しは顔を売ることができたかな。

また、前の会社の同僚に数名ほどお会いしました。
みなさん元気そうでなによりでした。
その後、行方の分からなかった方についても、新しい会社で頑張っていると聞くと、ホッとしました。

昨日は、そんな新しい同僚と古い同僚と丸一日過ごしたソフトボール大会となりました。

昨晩はぐっすりと眠れたおかげで、今朝は目覚めの良い朝を迎えています。

的確な用語を使うべし

新しい会社に転職して、早3ヶ月が経った。
今の職場では、ICP発光分析装置、水素化物発生装置、還元気化方式原子吸光光度計などを使った金属分析を主に担当している。
最近、前会社から今まで何気なく使ってきた言葉だが、間違った使い方をしているケースがあることに気がついた。

金属の前処理には、灰化「かいか」(「はいか」という人もいるが?)という方法がある。
「酸で有機物を灰化する」、湿式灰化、乾式灰化、などと使うかな。
読んで字の如く、酸や熱などにより有機物を分解し、灰状態にするというイメージである。

私は以前から金属分析の前処理でこの「灰化」という言葉をよく使っていた。
今の会社の職場の同僚からの指摘というか、なんとなく会話がかみ合わないと感じたところから、間違った使い方をしていることに気がついた。

試料溶液に塩酸や硝酸を添加して測定溶液とする前処理方法は、「酸溶解」という。私はこの酸溶解を灰化と言っていた。
何気なく金属に酸を添加する前処理では、すべて灰化と言ってしまっていたのである。

言われてみればその通りである。
酸に溶解するだけなら「酸溶解」。有機物を分解する操作は「灰化」である。

技術士目指す者がこれではいけない!
きちっとした用語を的確に使うべし、と感じたのである。
この際、自分たちの職場でよく使う略語や俗語について、徹底的に見直す必要があるかな、と。
的確な用語を使うということは、コミュニケーション能力に通ずることでもあるし。
顧客や住民に説明するコンサルタントであればなおさらであろう。

けれども一旦癖となって使用している言葉は、なかなか治らない。今でも間違って使用してしまう。
なんでだろう?歳とってきたということかな(笑)

会社が・・・

先日、勤めていた会社が倒産してしまいました。
それはそれはあっけないものでした。
今はまだ関係各社等の都合により、あまり詳細はお話しできないので、ひとまずこれまでの私の気持ちと近況だけを簡単にお知らせしておきます。

このご時勢、会社がこうなることも少なからず予測はしていましたが、その覚悟の上で、4月からは本社で立て直してやろうと意気込んでいた矢先でした。そういう意味では、事前に何のアクションもなく、突然、従業員全員呼び出しての自己破産・従業員全員解雇という通達だったので、唖然とするだけでした。時間が経ちだんだん状況を把握するにつれて、悔しい気持ちが次第に沸き起こってきました。
これまで本気でやってきたのに。
これからどうする?
もう少し会社として事前にやれることはいろいろあっただろうに、と。

ま、自らが選んだ会社なので、今さらあれこれ言っても仕方がありません。
今は気持ちを切り替え、これまでやってきた仕事の棚卸、今後の方向性など、自分自身と向き合う良い契機ととらえています。あまりゆっくりはできませんが。
そして、頼まれた残務処理と新たな飯の種探しを同時に進めているところです。

何人かの方々には、励ましの言葉やアドバイスをお聞きし、感謝するばかりです。
人の親切が身にしみております。

これも何かのお告げかな、人生の踏ん張りどきだと思って、前に進むしかないです。

近況

いよいよ5月に入りましたね。
巷はGWの真っただ中というところもあるというのに、こちらは悲しいことに仕事で大忙しです。
転勤して早くも一ヶ月がたちましたが、仕事に慣れることとこなしていくことで、4月は駆け抜けるように過ぎ去っていきました。
おもな分析担当項目は、GC/MSを用いたVOCと農薬等、アルキル水銀を担当しています。
また、土壌分析の検液作製も担当になっているので、明けても暮れても検液の作製をしています。
これが結構キツイ。何がキツイかというと、分析結果報告の納期が短いので、サンプル持ち込んでくるや否や、すぐさま検液作製にとりかかねばならないからである。
検液ができないことには、他の方が分析にとりかかれないからである。
少しでも速くする方法は?と考えながらも、これと言ってなかなかいい方法が見つからないね。
コピー人間がほしいってな。

その他、現場サンプリング業務や計量管理業務なども。
う~ん、やりごたえは十分です。

とまぁ、近況報告だけお伝えします。

辞令発令

20年度が始まりましたね。
駅や街角では新入社員らしき姿の人達を多く見ました。
なんとなくわかるんですよね~、初々しさをかもし出しているので。
懐かしいな~私の新入社員は10年以上前のことだ。
そういえば初出勤の日は、ものすごく張り切っていたな。

ところで今日は本社に出勤し、辞令交付の日であった。
今日までどの部署に行くのか、まったく知らされていなかった。
なんちゅう会社だ。なんて・・・、あまり大きな声では言えません(笑)
とにかく勤務先は、あまり変化のないところにとどまった。地方?という可能性も無くはなかったので、やや一安心。これで青技懇も続けられそうだ。
部署は環境分析センターであった。分野は以前の水質だけに限らず、幅広く扱うことになりそう。
内心、他の部署を経験してみたいと思っていただけに、またもや分析か~~~というのが率直な感想であった。なにか特別な縁があるのかな。

けれども新しい部署では、とことんやってみようと思っています。やれるところまでやってみよう、と。
毎日職場での仕事が、直に技術士試験につながっていきそうだし。
問題点を見つけだし、いかにベストな解決策を選択するか、だな。
そう言えば、そろそろSUKIYAKI塾にも応募しようっと。

業務完了

本日(3/31のこと)、ちょうど丸10年働いた職場と別れを告げてきた。
朝から最終業務の整理、掃除、挨拶まわりで一日が終わり業務完了。

身近で一緒に働いた職場のみなさんには、ほんと親切にしていただいた。
降り返ってみるとよく笑わせてももらったなぁと思います。
韓国ドラマの話題で花咲く職場、100種類近くのドラマを見ている方もいらっしゃり、いったいどれほどの種類のドラマを見ているの、といいながら、私も「冬ソナ」をはじめ、ちょこちょこお借りしていました(笑)
とくに大病と戦っているうちの母用に貸していただいたこと、今でも感謝しています。
私が水や健康に興味をもつきっかけをいただいたのも、この職場です。
はじめは、なんで水ごときでアレルギーなどの病気が回復するんだと思っていましたが、今では健康を語る上で、水というものはベースなんだということがよくわかります。
そのほか、みなさんにはいろいろな気付きをいただきました。
そのおかげで今の自分があると思っています。

どちらかというと、していただいたことばかりの用な気がしているのが心残りです。
これから、徐々になんらお返しできれば。

そのときは、一段と成長した姿をお見せできるように日々精進します。

業務整理

もうすぐ今の職場で業務完了のため、この職場ともお別れになり、そろそろ業務の整理をしていこうかというところである。
今まで、工場排水分析を主に扱ってきたので、水分析に関する分析器具や装置など、いろいろ経験させていただいた。
pHメーターから、SS吸引ろ過装置、蒸留装置、分光光度計、ICP発光分析装置、GC、GC-MS、HPLC、ICなどなど、どれも思い出深いものばかりである。
そして最後に担当となった分析項目(CODとBOD)の周辺を掃除してやり、CODの滴定装置とBODのDOメーターをきれいに磨いてやった。
これが、職場で愛用していたCODの滴定装置とBODのDOメーターだ。
少しだけお見せしよう。


COD01
メトローム社製のドジマット滴定装置他
硝酸銀や過マンガン酸カリウムでかなり汚れていたのですが、掃除すればかなりきれいになりましたよ。
この写真は掃除後です。それまでは黒い斑点だらけでしたから(笑)


BOD01
Russell社製のDOメーター
奥のほうに写っているヤツです。
手前のノートパソコンと通信がつながっていて、DO値が通信によって取り込めるようになっています。
DOメーターは、なかなかデリケートな装置なので、愛情もって接しないとすぐにへそ曲げていました。
多くの検体を扱う場合、上手に手なずけることができれば、ウインクラーアジ化ナトリウム変法(滴定法)より、分析の迅速化が図られると思います。

来週からは、業務の整理です。
「立つ鳥あとを濁さず」ということですね。

ちょっと早めの送別会

いよいよ3月になりましたね。
私にとって、この3月は大きな節目の月となりそうです。

昨日、私の送別会がありました。
現在、勤務している出向先(某外郭団体)の職場で、私を含む我社数名の送別会をしていただいたわけです。
そう、我社と某外郭団体との業務委託契約が、今年度3月末で最後となったからです。
細かな理由は述べられませんが、一言で言うと、「時代の流れ」というところでしょうか。
今の世の中の流れからすると、いずれはこうなるであろうということは、数年ほど前から容易に予測は出来ましたが、そのスピードは予想以上に速かったですね。

某外郭団体のイメージは、人それぞれだと思いますが、ほぼみなさんのご想像どおりだと思っています。具体的には言えません(笑)
最近、そんな職場の第一線から見て思うことは、予算削減で業務のスリム化を図らなければいけないことは、当然のことだと思いますが、その矛先について納得できるものは少ないです。
どうしてもそのしわ寄せは、職場の末端の方々にほとんど集中しているのが現状だと思います。
我々が抜けたあとの分析センターに限っては、業務の集中に偏りが生じることは、否めず、心配でもあります。
せいぜい私の出来ることといえば、残りの1ヶ月、残された職員の方々に可能な限り引継ぎやすい環境を整えてあげることぐらいで、これは実行していくつもりです。

いろいろな事情があり、今まで委託側と受託側の飲み会は禁じられていました。今回は、そんな垣根を取っ払い、偉いさん抜きでともに過ごした職場メンバーのみで、最初で最後の飲み会を行なったわけです。ちょうど丸10年勤めた職場でありますから、ひとしお感慨深いものがありました。幹事さんと職場のみなさん、ほんとうにありがとうございました。

さて、これから引き継ぎを行なうとともに、私自身の身の置き場も考えていかないといけないかもしれません。
今後、どうなるだか。

プロフィール

Water

Author:Water
Waterといいます。
環境測定、主に水質調査分析に携わってました。
2008年の春、不景気の荒波に飲み込まれ会社が倒産。
一度は業界から去ろうと考えたものの、転職、奮起再起し、現在は燃料電池の部材分析・評価に携わってます。
将来、国境を越えた技術コンサルタントを目指してます。
まずは、技術士(環境部門-環境測定)を目指して、古今奮闘中!!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。