スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

堀場製作所の社員が南極へ

2007年11月27日asahi.com に以下のような記事が載っていました。
記事内容こちら 

~以下引用~
「堀場製作所の社員が南極へ 大気中の微粒子など観測」
分析・計測機器メーカー堀場製作所(京都市)の社員、青山朋樹さん(26)が第49次南極観測隊の越冬隊員に選ばれ、28日に日本を出発する。12月下旬に昭和基地に入り、09年春まで駐在して大気の観測などにあたる。分析装置を開発してきた青山さんの技術力や「若さ」が買われたという。
青山さんは現地で、自社製のエックス線分析装置を使い、空気中の微粒子の成分を分析し、南極の大気の様子などを調べる。これまでは大気のサンプルを日本に持ち帰っていたが、現地調査でより精度の高いデータ収集が期待できるという。
~~~~~

~引用終わり~

堀場製作所といえば、医用、半導体、環境、科学などの分析・計測機器の総合メーカー。
わが社でも、pHメーターや導電率計などでお世話になっている。切っても切り離すことのできないメーカーである。
計量証明事業所であれば、必ずといって良いほどの係わりのある企業だと思う。
そんな慣れ染みの深い堀場製作所から、南極観測隊の一員が選ばれたということ。
民間企業の一社員が、しかも26歳の若さで。
スゴイですね。

なぜこの記事が目にとまったかというと、良く知る企業だということもありますが、民間企業から、このような大役が選ばれることに驚きを感じたからでもある。
そんなものなのかな?!
自分の今の職場(もしくは会社)からは、まずありえないと思うが、もしこのようなオファーが、今、自分にあれば、前向きに考えているように思う。
もっぱら、寒さには非常に弱い私ではあるが(笑)
ここ数年、何か新しいことにチャレンジしてみたいという気持ちが年々増してきている。特に、人がまだやったことの無いことの方が良いかな。なんてな思いで。
だから私はこの記事を読んだとき、単純にうらやましく思いました。
みなさんは、この記事はどう感じるのでしょうかね。

そんなことを思いながらこの記事を読んでいたわけである。
何歳になってもチャレンジしていきたいものですね。

青山さんには、エールを送ります。
すばらしい成果論文を期待しています。
がんばって来てください。
スポンサーサイト
プロフィール

Water

Author:Water
Waterといいます。
環境測定、主に水質調査分析に携わってました。
2008年の春、不景気の荒波に飲み込まれ会社が倒産。
一度は業界から去ろうと考えたものの、転職、奮起再起し、現在は燃料電池の部材分析・評価に携わってます。
将来、国境を越えた技術コンサルタントを目指してます。
まずは、技術士(環境部門-環境測定)を目指して、古今奮闘中!!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。