スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

環境・循環型社会・生物多様性白書(平成22年版)

サッカーワールドカップ南アフリカ大会が始まったね。
これからしばらく技術士の試験勉強がおぼつかなくなりそうです。
ってそんなこと言っている場合じゃないんだけど。

それはさておき、今年も環境・循環型社会・生物多様性白書(平成22年版)を購入してきた。
22kankyohakusyo.jpg

とりあえず合格するまでは、出版されたらすぐに購入しようと決めている。
試験勉強には、環境省のホームページを閲覧するだけでも事足りるのだけど、国の方向性やそれなりに新しいデータが一冊にまとめられているので使いやすい。
また、今年度の白書には、なんとCD-ROMが付属され、白書の全PDF文書や図表に使われているGIFファイルデータが収められていた。
持ち運びに便利である。

まずは、環境省HP 22年度の白書概要をご参考に。

次に、白書から22年度の目次を拾ってみた。
<目次>
■第1部 総合的な施策等に関する報告
 序章 地球の行方 -世界はどこに向かっているのか、日本はどういう状況か-
 第1章 地球とわが国の環境の現状
 第2章 地球温暖化にいち早く対応する現在世代の責任-チャレンジ25-
 第3章 生物多様性の危機と私たちの暮らし-未来につなぐ地球のいのち-
 第4章 水の星地球-美しい水を将来へ-
 第5章 環境産業が牽引する新しい経済社会-グリーン・イノベーションによる新たな成長-

■第2部 各分野の施策等に関する報告
 第1章 低炭素社会の構築
 第2章 地球環境、大気環境、水環境、土壌環境、地盤環境の保全
 第3章 循環型社会の形成~ビジネス・ライフスタイルの変革を通じた循環型社会への道しるべ~
 第4章 化学物質の環境リスクの評価・管理
 第5章 生物多様性の保全及び持続可能な利用
 第6章 各種施策の基盤、各主体の参加及び国際協力に係る施策


ざっくり流し読みした感想であるが。
第一部では、チャレンジ25や生物多様性条約第10 回締約国会議(COP10)が、やはり大きなトピックスなのでしょう、目玉として取り挙げられている。
それ以外の目新しい情報としては、第4章の水の星地球である。
世界の水環境の現状や問題点、解決に向けた日本の取り組みが取り挙げられていた。
個人的には興味ある分野だったので、一番目を惹かれたな。
これに関しては、また後日、感じたことを述べたいと思う。

第二部(各分野の施策)では、項目(目次)も昨年と同様でそれほど大きな変更は無かった。
細かな数値の変更やあらたな施策などが、加えられただけのように感じた。
まあ昨年末に打ち出された平成22年度環境省重点施策から推測すると、妥当な感じの内容であったかな。

技術士環境部門の必須科目(環境一般)問題では、白書全体(国の方向性)を把握し、その中からどのように自分流の技術士として貢献できるか、につなげて論を展開していくかを考える必要がある。

さぁ、今年はどのような問題が出題されるのだろうか。
そろそろ問題構想くらいは、出来あがっているだろうと思うが。。。

スポンサーサイト

22年度技術士試験 願書

あらまぁ、いつの間にか4月に。
というわけでもないですが、今年も技術士二次試験(環境部門-環境測定)の願書をやっと提出しました。
昨年同様、インターネットでの提出です。
電子申請を初めておこなった年は、かなり面倒だなと思ったけど、慣れるとそれなりに便利です。なんといっても早いし楽です。
昨年の入力画面を保存していたので、ほとんどそのままコピペして入力しました。
手間はほとんどかかってません。
ここだけの話、写真も昨年と同じ。
整形した訳でもないし、まあいいかな(^_^;
なので、今さら願書の「手書き」には腰が重くなります。
ただ、電子申請も簡単に出来るが故、注意が必要かと。
うっかりしたコピペミスや、入力データの保存し損ないなど、最終的には何度も確認する必要があるでしょう。

「電子申請」か「手書き」かということも大切ですが、願書での一番のポイントはやはり経歴(職務内容)でしょう。
いかに技術士としてふさわしい視点や姿勢で職務に取り組んできたかを、時系列的に挙げていく。そんなに大それた意味ではありませんが。
今年は経歴から本腰入れて見直そうかと思いつつも、結局ほとんど変わらず。
直近一年の追加部分のみ。
それなりに練り上げられてきているので、今さら変更することもないかなと。

さて、これから少しずつペースを挙げていこう。

技術士第二次試験 受験講習会

技術士第二次試験 受験講習会

社団法人日本環境測定分析協会の主催により、技術士第二次試験 環境部門-環境測定の受験講習会があるようです。
詳細はこちら
PDF表示

■日時:平成22年5月29日(土) 9:30~16:50(受付は9:00)
■場所:社団法人 日本環境測定分析協会 研修室
■参加費:会員 10,000円、非会員:20,000円(税込み、昼食別途)
■講習内容
1.受験申込書記入方法と口頭試験対策 青山 芳之 9:30~11:00
• 技術士試験制度と技術士試験について
• 技術士試験の概要
• 受験申込書の作成の留意点
• 口頭試験の概要
• 口頭試験対策

2. 必須科目対策 青山 芳之 11:00~12:40
• 技術論文の書き方の基本
• 環境部門の必須科目の書き方・答案例
• 勉強方法

3.選択科目対策 小池 満 13:40~15:00
• 環境部門 環境測定の過去問題の分析
• 環境部門 環境測定の過去問題の書き方・答案例
• 勉強方法

4. 技術的体験論文対策 小池 満 15:00~16:50
• 技術的体験論文の書き方
• 技術的体験論文の例


これまで環境部門-環境測定の講習会は、マイナーな科目であったせいか、講習会や勉強会はほとんど見つけたことが無かったのですが、実は昨年も開催されていたようですね。
この講習会では環境部門-環境測定に特化した内容だと思うので、環境測定を受験される方はお勧めだと思います。
ただ、講習会会場が東京なので、関東圏外の方は少々大変ですね。
遠方ですが個人的には、なんとか参加してみたいと思っています。
特に、私の足枷となっている選択科目(環境測定)の傾向や出題の意図などを生で聞いてみたい。そんな気がしています。

Water

今年の環境一般論文 なんとなく

昨日、何気なく昨年12月に発表された平成22年度環境省重点施策を環境省のHPで閲覧した。
21年度の重点施策と比較して、若干、表現方法が変化したものの、内容そのものは大きく変わっていなかった。鳩山政権に代わって、低炭素社会の実現が、25%削減に向けた社会(チャレンジ25)という表現に変わった程度。
ただ、22年度技術士環境一般(必須)の問題予想をするにはあまりにも早すぎるけど、なんとなく感じたことがある。
それは、21年度の技術士環境一般問題では、21世紀環境立国戦略の「3つの社会」を明示しなさい、という20年度にプラスアルファ加味された不意を突く問いがあった。
22年度もなんとなく不意を突くような問いが、加味されて出題されるのではと思う。
環境一般論文の問題は毎年似たような問題であり、受験者をふるいにかけるという意味で。
例えば、「今年度の環境省重点施策で掲げた4つの柱を明示せよ」というような問題が加味されないかなということである。
そんなのわかりゃしないけど。(笑)
ただ、形は違うかもしれないが、なんとなくそのようにインスピレーションを感じた訳である。

そんなことを考えていたら、これまたなんとなく環境一般論文を記述してみたくなった。
現時点での実力を試してみたくなったというか。
なので、まずは昨年の問題で記述してみた。
記述して感じたことは、データなどの数値や試験でしか使わないような語彙がかなり忘れてしまっていた。
試験のためだけの知識になっている。
これじゃ、いかん。
ただ、論理的な論文の下りは覚えていたので、流としては大筋大丈夫であった。
新たなデータや知識を増やすことも大事だが、これまで積み上げてきた知識や試験勉強で使用した知識・語彙について、日頃からもっと意識して使うように心がけねば、と痛切に感じたところである。

参考に、平成21年度の環境一般(必須科目)問題を載せます。

------------------------

平成21年度技術士第二次試験問題【環境部門】必須科目

Ⅱ 次の問題について解答せよ。
 第三次環境基本計画(平成18年4月)においては,持続可能な社会は「健全で恵み豊か
な環境が地球規模から身近な地域までにわたって保全されるとともに,それらを通じて国民一人一人が幸せを実感できる生活を享受でき,将来世代にも継承することができる社会」と定義されている。
 ここに定義された持続可能な社会を実現する上での課題等について,次の問いに答えよ。
(各問いにつき答案用紙1枚以内,全体で3枚以内にまとめよ。)

(1)あなたが重要と考える課題を3つ取り上げ,それぞれについてその概要を述べよ。
(2)上記のうち,技術士として最重要と考える1つの課題を選び,最重要と考える理由を述べよ。
(3)平成19年6月に閣議決定された21世紀環境立国戦略では,地球生態系と共生して持続的に成長・発展する経済社会に向けて,「3つの社会」の相互関係を踏まえて統合的な取組を展開していくことが不可欠であると指摘されている。そこで「3つの社会」を明示した上で,この指摘に配慮して上記(2)で選択した課題の解決の方向性及び自らの貢献の可能性について,論述せよ。

------------------------

以上

21年度 技術士筆記試験結果

今日は技術士二次筆記試験(環境部門-環境測定)の発表でした。

今年から午前9時の発表になったので、先ほど仕事を終えて帰ってきてからネットで確認しました。

結果は、
無念にも番号はありませんでした。
がっかりです。
疲れがどっと押し寄せてきました。

とりあえず、今年は仕事で確認できないことが分かっていたので、嫁に合否の確認を先にお願いしていた。
嫁からの吉報メールが昼ごろまでには届くかと待ってはいたものの、結局なかったので、この時点で、おそらく駄目だったんだろうなと察しましたが。

それにしても、
残念で残念でなりません。
悔しくて悔しくてしょうがないです。
そんなこと今さら言っても仕方がない話なのですが。
毎年同じことを繰り返している自分が情けない。
神様はどこまで試練を与えるの。
いろんな感情込み上げてきます。

けれども、厳しい現実を受け止めるしかありません。

おそらくもっともっと根本的なところで、まだなにか自分自身に足らないものがあるのでしょう。
まだ冷静には考えられませんが、少しずつ見つめ直していきたいと思います。。

ただ、今は家族を始め、お世話になった方、応援してくれている方々に、結果が伴わず申し訳ない気持ちでいっぱいです。

Water

消せるボールペン

先日マインドマップの話題で、消せることができるボールペンがあると聞いたので、早速、文具店に足を運んだ。
いくつか種類があるようだが、私が購入したのは、一般の消しゴムでも消せるという三菱UNIのボールペン。
ユニボール シグノ イレイサブル細字(0.5mm) 1本105円。色は全8種類。

どちらかというと、消せるペンで有名なのは、パイロットのFRIXIONシリーズ
0.4mm、0.5mm、0.7mmと太さや色の種類も豊富にあり、太さに応じては替え芯もある。ボールペンの他にもラインマーカーや色鉛筆などバリエーションが豊かであり、店頭にも題材的に売り出されていた。
店員が親切にも教えてくれたのだが、FRIXIONは、消しカスが出ないという画期的な利点があり、UNIのボールペンよりもきれいに消えるというものだった。
ただ、FRIXIONは、ペンの尻に付いている専用の消しゴム部分で消すので、一般の消しゴムでは消せない。使用し続けていると、ペンの尻の部分が汚れてしまうときれいに消えなくなるらしい。上手に使用すれば長持ちするらしい。

とりあえず、両方のペンをその店で試しに使わせてもらった。
たしかにパイロットのFRIXIONの方がきれいに消えたと思うが、筆圧やインクなども若干残り、どちらも完全には消えなかった。
なので、ここはひとまず安価なUNIにした。

そして、そのUNIのボールペンを用いて描いたマインドマップがこれだ。

mind_senmon01

技術士二次試験 環境部門-環境測定の専門問題のまとめだ。
内容は個人的に仕事に関わりの深い領域を中心に仕上げてあるので、偏りがあることを御承知下さい。

それはともかく、自身でも笑ってしまうようなマップになってしまった。
やはり絵心センスが問われるな。
この際、大いに笑ってくださいな(笑)



いよいよ明日

2009年度の技術士二次試験が始まりました。
8/1の今日は総監部門の試験です。
何人か知っている方が受験するので、ぜひともがんばって欲しいと思います。

私は、明日、環境部門-環境測定で受験します。
朝からここ関西では不安定な天候で、急激に雷雨が降ったりやんだりしています。
明日も同じく天候が今ひとつ良くないようです。
暑さ対策よりも雷雨対策といったところでしょうか。
けれども、試験までの道中の暑い日差しを凌げるかもしれないので、逆に良いかもしれません。

さて、今年の試験はどのような問題が出題されるのだろうか。
環境一般は昨年と問題を変えてくるのだろうか。
多少の変化球には対応できるようにしたつもりですが。
専門問題(環境測定)は、イオンクロマトグラフ、PM2.5、ICP-MSあたりかな??
というより私の個人的な希望です。当たったためしがありません(笑)
ま、今さらあれこれ言ってもしょうがないですね。

今日はとにかくこれまで積み重ねてきた知識の復習や頭の整理をして、明日の試験に臨みたいと思います。

21年度受験票届く

平成21年度技術士二次試験の受験票が本日届きました。(2009年7月8日)
会場は一昨年も昨年も同じところ。
なので、今さら道に迷うことはないだろう(笑)

それから、技術的体験論文の提出要領も昨年同様、送られて来ました。
技術的体験論文の提出要領はこちら。
技術的体験論文(総合技術監理部門以外の技術部門)の課題は、これまでと全く同じでした。
今年も一応、総監以外の技術部門だけ載せておきます。

【平成21年度 技術的体験論文 課題】
(総合技術監理部門以外の技術部門)
あなたが受験申込書に記入した「専門とする事項」について、実際に行った業務のうち、受験した技術部門の技術士にふさわしいと思われるものを2例挙げ、それぞれについてその概要を記述せよ。さらに、そのうちから1例を選び、以下の事項について記述せよ。
(1)あなたの立場と役割
(2)業務を進める上での課題及び問題点
(3)あなたが行った技術的提案
(4)技術的成果
(5)現時点での技術的評価及び今後の展望


昨年まで温めていた技術的体験論文の内容はもう古くなりつつあるので、今年はどうしようか悩みどころです。
ネタはそのままで、現時点からもう一度見直すか、また新しいネタを一から作るか、というところになろうか。

これから試験までは、とりあえず専門科目の知識をある程度詰め込みながら、専門・一般とも手書論文で慣らしていきたいと思います。

21年度開幕

4月に入りました。新年度が開け、各社で入社式があったのでしょう、真新しいスーツ姿の初々しい人達を通勤途中で見かけました。
そんな年度明けの初日にもかかわらず、今朝は、列車人身事故の影響でダイヤが乱れ、1時間も遅れて出社してしまいました。
なんとも初日から疲れました。

また皆さんの中には、この時期、人事異動もあったのではないかと思います。
ご存知の通り、私も3月1日に異動しました。実は、別会社に出向しています。
なぜだろう?昔から私は出向という立場が多いな・・・。
今回の仕事は、今までやってきた環境測定の分野とは違って、燃料電池に使われる製品の評価をすることになりました。
GC-MSやHPLCといった馴染みのある分析装置も使うのですが、測定顕微鏡やポテンショスタットなどなど、今までに聞いたこともない装置を使うことが多くなりそうです。
今はまだ評価手法の手順書や機器・装置の点検基準マニュアルなど、事前にやれるところをせせこらとこなしているだけですが。
来週から順次、機器の導入、立ち上げ、評価・バリデーションということになってきます。
おそらく来週から、かなりバタバタしてきそうです。
今のうちに、技術士二次試験の願書を提出しておかないといけません。
頭もそろそろ技術士試験のスイッチを入れていかないと。

そうでした、本日4月1日より技術士二次試験の受験申込書の配布と同時に、インターネット願書の受付がスタートしましたね。
受験申込書配布:4月1日(水)~5月7日(木)
インターネットによる受験申込受付期間:4月1日(水)~4月16日(木)
郵送及び窓口による受験申込受付期間:4月17日(金)~5月7日(木)
詳細こちら

ここ2年ほどはインターネットで申し込みしていますが、いつもギリギリになって申込みするので、今年は余裕を持って申し込もうと思っています。
ただそれには、経歴をもう一度見直す必要があります。
昨年願書を申し込んだ時期までの経歴は、ほぼそのまま見直す程度でいいかなと思っていますが、それ以降、この一年間、会社の倒産、転職、異動など、いろいろと変化が多かった。
やはり少々練らないといけないかな。といっても、あまり悠長にもしていられない。

さぁ、とにかくかかろう!!

来年度の試験に向けて

気の長い話になるけれど、来年の技術士試験に向けてどうしていけばよいかということをここ数日間考えていた。
そのなかの課題として、文章力を身につけることを一つ掲げた。
具体的に何をするのかというと、朝日新聞の天声人語を毎日ノートに書き写す、というものである。
嫁の知人からの勧めである。
一年続ければ、文章力の基礎となる論の構成や表現力、ボキャブラリーなどが自然と身に着くということらしい。
技術士の筆記試験対策に適しているのかどうなのかなと思いましたが、自分自身、筆記試験にかかわらず文章力や表現力を身につけたいと思っていたので、とにかくやってみることにしました。

もともと昔から国語が苦手な私である。
小さいころから読書感想文や作文など、文章を書くことが嫌いであったし、どちらかというと避けて通ってきた。その付けが今日に来ているのかな。
ここ数年、技術士の試験を通じて少しずつ文章力が身に付いている?!とは思うのですが、それでもまだまだ表現力に乏しいし、なんてったって書き上げるスピードが遅い。自分の考えをスラスラと書き上げ、なおかつうまく表現できるようになりたいと思っていた。

さて、昨日から始めたことであり、成果があるのかどうなのか、それ以前に続けられるかどうなのかも分かりませんが、これも何かのきっかけだと思って実行してみたいと思います。

と、まずはブログで宣言し、自ら尻を叩くのである。
プロフィール

Water

Author:Water
Waterといいます。
環境測定、主に水質調査分析に携わってました。
2008年の春、不景気の荒波に飲み込まれ会社が倒産。
一度は業界から去ろうと考えたものの、転職、奮起再起し、現在は燃料電池の部材分析・評価に携わってます。
将来、国境を越えた技術コンサルタントを目指してます。
まずは、技術士(環境部門-環境測定)を目指して、古今奮闘中!!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。